薩摩甕力伝承仕込み 薩摩甕力 さつまかめりき
薩摩甕力伝承仕込み 薩摩甕力 さつまかめりき
薩摩なかまた 25度 芋焼酎 中俣合名会社
薩摩なかまた 25度 芋焼酎 中俣合名会社
養老伝説 ようろうでんせつ
養老伝説 ようろうでんせつ
八代目 濱崎太平次 はまさき たへいじ
八代目 濱崎太平次 はまさき たへいじ
中俣(なかまた)合名会社 蔵内の甕つぼ
鹿児島県 焼酎蔵元 中俣(なかまた)合名会社
黒麹かめ壺 芋焼酎 揖宿(いぶすき)五人番
黒麹かめ壺 芋焼酎 揖宿(いぶすき)五人番
芋焼酎 黒こうじ なかまた28度 中俣合名会社
芋焼酎 黒こうじ なかまた28度 中俣合名会社
商品概要 芋(いも)焼酎 中俣合名会社 なかまた・濱崎太平次・養老伝説・五人番
 
(芋焼酎 黒こうじ なかまた28度 薩摩なかまた25度 薩摩甕力伝承仕込み 薩摩甕力〔さつまかめりき〕 特撰濱崎太平次 “はまさき たへいじ”  八代目 濱崎太平次  養老伝説  かめ壺仕込み 揖宿[いぶすき] 五人番
和歌山の美味しい日本酒・地酒・焼酎・梅酒の通販「ナカオ酒店・不動産」の店舗トップへ
各地の焼酎TOPへ
中俣合名会社 季節限定品はこちら
蔵元の解説 (鹿児島県指宿市西方 中俣合名会社)
 
明治37年 鹿児島県指宿市にて創業。 一旦廃業しておりましたが、平成17年、25年ぶりに蔵としての復活。 鹿児島県内では、もっとも小さな蔵の一つです。 代表銘柄は、“なかまた”。 幕末の豪商・濱崎太平次の子孫にあたります。 篤姫が将軍 徳川家定の御台所として江戸に輿入れする際には、支度金調達にあたった西郷隆盛の依頼により莫大な献金をしたという逸話もあります。
 
「体を休め、心を癒す」という、酒本来の在り方を追求。 ひとりひとりの嗜好や飲み方にあったものを作るべく、日々精進しています。 「大量生産・大量販売」望まず、心の通い合う家庭的な蔵を目指します。中俣の初代杜氏・黒瀬勉氏は、ふくらみのある甘みをもった芋焼酎が信条。
 
熟練杜氏 黒瀬勉氏以下、蔵人が力を合わせ一切の妥協をせず、我が子を慈しむように大切に仕込みます。 また、平成18酒造年度 鹿児島焼酎鑑評会にて優等賞 を受賞しました。
    芋焼酎 黒こうじ なかまた28度     
産地         
 
種類
 
原材料
 
麹米
 
仕込み水・割り水
 
蒸留方法
 
アルコール
中俣合名会社さんの代表銘柄です。
飲み応えのある甘口の芋焼酎は如何ですか。
 
平成17年蔵の復活以降、中俣合名会社さんの代表銘柄として世に送り出された銘柄 「なかまた」のご紹介です。
 
平成28年4月に行われた熊本国税局酒類鑑評会 「本格しょうちゅう甘藷部門」において優等賞を受賞しました。平成27酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会に引き続きのダブル受賞です!
 
芋は南薩摩産の「黄金千貫」を使っています。
麹菌には、ワンランク上の河内黒麹菌ゴールドを使用、
黒麹仕込みの特徴である深い味わいと芳醇な香りを引き出す為に、無ろ過に近い状態にて瓶詰めされています。 
仕込みは1次が「かめ壺」、2次は「ホーロータンク」を使用。 蒸留後は再び「かめ壺」にて貯蔵・熟成させています。 
 
また、貯蔵年数の違う原酒をブレンドすることにより、蔵の特徴である甘味に磨きをかけているようです。 度数は28度。味の隙間が埋まっていくとも、お話しされていました。
故黒瀬勉杜氏の集大成とも呼ぶべき、究極の「甘さ」を是非ともお試しになって下さい。
 
グラスに注ぐと香ばしく複雑な香りが立ち上ります。 まずは、どっしりとした芋の旨みが感じられます。後ほど、何とも言えない深い味わいが堪能できます。 余韻も心地よく飲み応えがあり。 蔵元さんの他の黒こうじ銘柄と飲み比べましても、
“なかまた”は男っぽい味わいだな、という印象を持ちました。
  720ミリ    1,625円(税込み)
  
               
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (黒こうじゴールド)
 
鹿児島県産 「ヒノヒカリ」
 
池田湖伏流水
 
常圧蒸留
 
28度
1.8リットル    2,880円(税込み)
  
               

中俣(なかまた)合名会社 蔵前景 
篤姫の実家、今泉島津家の別邸跡に
近い、指宿市宮ヶ浜に蔵はあります。 
 
蔵内のかめ壺 右下
こちらのかめ壺で1次仕込みが行われます。 年間約800石の焼酎が造られます。
薩摩甕力伝承仕込み 薩摩甕力(さつまかめりき) 
産地         
 
種類
 
原材料
 
麹米
 
蒸留方法
 
貯蔵方法
 
アルコール
養老伝説の和甕貯蔵 限定品です。
口あたり良く優しい甘みが楽しめます。
 
さつま芋焼酎倶楽部 甕力の会 企画の無濾過芋焼酎が入荷しました。和甕貯蔵 限定品です。(500本限定)
 
「薩摩甕力伝承仕込み」とは、甕の力で焼酎が旨くなる事です。焼酎が甕呼吸により踊っているという事を意味します。踊る事により角がとれる事、角がとれる事で旨くなっています。とのご説明でした。
 
レギュラー商品の「なかまた 28度」 「薩摩なかまた25度」に近い系統の味わいとのご説明でした。レギュラー商品とは麹米が異なります。 鹿児島県内で契約栽培された国産長粒米 「タカナリ」という品種の米が使用されています。
(このタカナリは静岡大学名誉教授 「中井弘和」農学博士の推薦によるものです。)
 
芋は南薩摩産の「黄金千貫」、麹菌には、黒麹菌ゴールドを使用、黒麹仕込みの特徴である深い味わいと芳醇な香りを引き出す為に、無ろ過の状態にて瓶詰めされています。 
瓶詰め後は和甕で貯蔵・熟成させています。飲み方はロック、湯割り等お好みでお試しください。
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (黒こうじゴールド)
 
国産長粒米 タカナリ
 
常圧蒸留
 
和甕(わがめ)貯蔵
 
25度
1.8リットル    2,500円(税込み)
  
               
 黒麹かめ壺焼酎 揖宿(いぶすき) 五人番  
産地         
 
種類
 
原材料
 
仕込み水
 
蒸留方法
 
アルコール
復活を遂げた鹿児島県 指宿市の焼酎蔵元、 
中俣合名会社さんの焼酎が入荷しました。
 
揖宿(いぶすき)五人番が入荷しました。
こちらの焼酎、蔵の代表銘柄 「なかまた」と同様、
この道55年のベテラン杜氏 黒瀬勉杜氏の下、蔵子たちが一切の妥協をせず、我が子を慈しむように大切に仕込み
ます。
 
麹菌には、ワンランク上の河内黒麹菌ゴールドを使用、
芋は南薩摩産の「黄金千貫」を使用しています。 
仕込みはこの蔵元さんの特徴である 「かめ壺仕込み」で
ゆっくり熟成を経た造りです。 
すっきりとした香りと口当たり、上品な甘さをお楽しみ下さい。
 
●飲み方は、ロック・ストレート・お湯割り等、飲み方を
選びません。 飲み飽きしない味わいを実感できます。
 
〜「五人番」の名前の由来〜
 
江戸時代、日本は鎖国をしており、外国の船の出入りは
禁止されていました。 山川港は薩摩の要衝だったため、
不振な船の出入りがないか見張りが置かれていました。
(現在の指宿市大渡利付近) 5人の役人が仕事をして
いたため、この見張り番は 「五人番 (ごにんばん)」と呼ばれ、鹿児島城下との通信のやり取りをしていたそうです・・・。
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (黒こうじゴールド菌)
 
池田湖伏流水
 
常圧蒸留
 
25度
1.8リットル    2,560円(税込み)
  
               
 八代目 濱崎太平次 (はまさき たへいじ)   
産地         
 
種類
 
原材料
 
割り水
 
蒸留方法
 
アルコール
関平鉱泉水を使用。優しさ溢れる味わいです。
 
「八代目 濱崎太平次(はまさき たへいじ)」です。
位置づけとしましては、「特選 濱崎太平次」の兄貴ぶんにあたります。 お値段はお安くなっていますが、焼酎道55年の名杜氏 黒瀬勉さんの腕の冴えが垣根見られる逸品といえるでしょう。麹は他の銘柄と同様、黒こうじゴールドを使用。
 
この焼酎の一番の特徴としましては、割り水に霧島の名水
“関平鉱泉水(せきひらこうせんすい)”を使っている点が挙げられます。 霧島国立公園の豊かな自然の中で湧き出るミネラル豊富な温泉水です。 地元鹿児島の人なら、誰でも知っているほど有名な隠れた逸品です。 この水を使う事で味に丸みと飲みやすさを目指したようです。
 
「特選」と比べますと、味の深みという点ではやや劣りますが、それでも、黒こうじ仕込みのコクとふくよかな芋の香りを楽しんで頂けると思います。 また、すっきりとした甘さも感じられます。 お湯割り、ロック、ストレート、お好きな飲み方をお試しになって下さい。
  720ミリ    1,200円(税込み)
  
               
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (黒こうじゴールド)
 
鹿児島県牧園町 関平鉱泉
 
常圧蒸留
 
25度
1.8リットル    2,160円(税込み)
  
               
養老伝説 (ようろうでんせつ) 完売しました。
白こうじが苦手な方にもオススメです。
軽快な中にも旨みに主張がある味わいです。
 
「養老伝説 ようろうでんせつ」が入荷しました。
こちらは、白こうじ仕込みとなります。 麹の原料となる米には佐賀県産の酒造好適米 “西海”を使用したこだわりです。
仕込みは1次が「かめ壺」、2次は「ホーロータンク」を使用。 蒸留後は再び「かめ壺」にて貯蔵・熟成させています。 
 
当店でも試飲してみました。まずは、ふくよかな香りが見られます。 こうじ特有の軽快な柔らかみがありますが、それだけではなく、味わいにも幅が感じられます。
 
軽快で飲みやすい中にも、芋の甘みに主張があります。 適度な熟成と麹米からの影響か、何ともいえないまろやかさを楽しむことが出来ました。 ストレートで飲んでもゴクゴクいけます。 お湯割りも美味しいです。芋焼酎が苦手、白こうじの芋焼酎があまり好きでないという方にも、是非ともお試しになってもらいたいと思います。
 
お湯割り、ロック、ストレート、お好きな飲み方をお試しになって下さい。 ストレート、お湯割りが特にオススメです。
 
  720ミリ    1,646円(税込み)
  
               
1.8リットル    2,900円(税込み)
  
               
産地         
 
種類
 
原材料
 
麹米
 
蒸留方法
 
アルコール
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (白こうじ)
 
酒造好適米 佐賀県産 「西海」
 
常圧蒸留
 
25度
     薩摩なかまた 25度 芋焼酎    
産地         
 
種類
 
原材料
 
麹米
 
仕込み水・割り水
 
蒸留方法
 
アルコール
代表銘柄 なかまた の25度バージョンです。
口あたり良く優しい甘みが楽しめます。
 
中俣合名会社の代表銘柄 「なかまた黒こうじゴールド28度」の度数違いです。 アルコール度数は25度。
 
かねてからの要望が多く、25度バージョン 「薩摩なかまた」が発売されました。製麹(せいぎく)法にも一層手間をかけているとのお話。25度でも、「なかまた 28度」に負けない味と香りが自慢です。 
 
麹菌には、ワンランク上の河内黒麹菌ゴールドを使用、 黒麹仕込みの特徴である深い味わいと芳醇な香りを引き出す為に、無ろ過に近い状態にて瓶詰めされています。 芋は南薩摩産の「黄金千貫」を使っています。 原材料および、製造方法は、上記商品 「なかまた28度」と同じです。
 
黒瀬勉杜氏が杜氏人生の集大成として造り上げた、新たに
仲間入りした、「なかまた」です。甘くまろやかな味わいと香りをお楽しみください。 飲み方は、ストレート、ロックがオススメです 私個人的には、ラベルのデザインがとても気に入りました。中央の桜島の模様、誰が見ても鹿児島の焼酎とわかるデザインですね。 “なかまた”のタイトルと、背景とのコントラストもキレイです。
  720ミリ    1,440円(税込み)
  
               
鹿児島県 指宿市
 
芋焼酎
 
黄金千貫 米麹 (黒こうじゴールド)
 
鹿児島県産 「ヒノヒカリ」
 
池田湖伏流水
 
常圧蒸留
 
25度
1.8リットル    2,570円(税込み)
  
               
各地の焼酎TOPへ
中俣合名会社 季節限定品はこちら
なかまた 前掛け
なかまた 前掛け
ナカオ酒店 通信販売ご利用について
 
 
 ▼ご注文方法  
 ●ショッピングカート [ 買い物かご機能 ]
 ●TEL 0739-47-1800 (平日AM10:00〜PM8:00)
 ●FAX 0739-47-2800 (24時間受付)
 
             ▼FAX注文用紙▼             
 ●E-mail      
 
 ●定休日:日曜・祝祭日
 
 ▼お支払方法  
 銀行振り込み・郵便振替・代金引換・クレジットカード  
 代金引換手数料は全国一律324円 (税込み)
 
 ▼商品配送   
 商品ご購入金額が一回に20,000円以上の場合、1個口の
 送料代金は無料。 2個口目からは送料代金が必要です。
 (北海道・沖縄・一部離島は除く)
 
 商品のお届けは日本国内とさせていただきます。
 
 
 ▼店舗運営
 〒649−2106
 和歌山県西牟婁郡上富田町南紀の台14−53 
 ナカオ酒店・不動産
 
 HP 担当  中尾一雄
 
 お問い合わせはこちら   info@nakao.ecnet.jp
 
 ホームページURL     http://www.nakao.ecnet.jp
 
 ▼個人情報について
 当店ではお取引・お問い合わせ等で知り得たお客様の個人
 情報のすべてを第三者に譲渡・利用する事は一切ございません。
 
 ● 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。酒類購入
    固くお断りいたしております。
Copyright c 2004 Nakao.  All Rights Reserved.